2017年7月22日土曜日

間が抜けていない?


雨が降った次の朝、土間入り口の前にアシナガバチの巣が落ちていました。
ええぇ、どこから落ちた?
あたりにアシナガバチが巣をつくるようなところはありません。


落ちて間もないようで、蟻が忙しく立ち働いています。


蜂の子などの御馳走が、中にあったのでしょう。


今朝、屋根瓦の先に何かくっついているのが見えました。


遠くでよくは見えませんが、アシナガバチの巣にも見えます。
とすると、前の巣は、ここから落ちて、転がったのかもしれません。屋根の巣には、全然気づかなかったけれど。
これだって、激しい雨が降れば、ひとたまりもないでしょう。
スズメバチはともかく、アシナガバチくらいとは仲良く共存したいと思いますが、これがもし巣なら、子孫を残せないこと、請け合います。







2017年7月21日金曜日

花筏

「庭木を切るのは好きじゃない。伸びたいように伸ばしてやりたい」と言う人がいました。
納得、私もそう思います。


と、納得なんかしていたら、どこもかしこも通れなくなってしまいます。
ぼさぼさに伸びていたハナイカダも刈り込んだので、急に陽にさらされることになった葉が焼けて茶色になります。

ほかに切り方があるはずですが、丸くしか切れない私です。


mmerianさんは、ハナイカダの実を食べてみたのですって!そして、一つで十分だったらしい。


そう聞いて、試してみる気がない私です。





2017年7月20日木曜日

なつくナナフシ

鼻歌交じりで大工仕事をしていて、ふと頭に手をやったら、ゴミがついていました。
「あれっ」
木の枝がどこでついたんだろう、取ろうとしたら暴れます。ナナフシでした。


今年は、ナナフシの当たり年かしら、出逢い過ぎです。


作業台のわきに落ちているので、
「踏まないようにしなくちゃね」
と思いながら、すぐに、ナナフシがいたことも忘れて、作業していました。
トラが来て、近くでまったりしているときも、ナナフシのことは忘れてしまっていました。

しばらくして、テーブルソーで、板を半分に割っていたら、何かが頭から目の前へと下りてきました。
先ほどのナナフシです。
「やめろよ!」
テーブルソーのスイッチを留めて、ナナフシを引きはがそうとするのですが、敵もしっかりしがみつきます。やっとの思いで払い落としました。


あまりしつこいので、ぎゃぁぎゃぁ言ってしまいましたが、ナナフシは知らん顔です。

テーブルソーは、気を緩めると怪我につながる危険な工具です。いつも使うときは、安全を確認して気を引き締めて向かってますが、よりによってそんな時に、顔に降りてくるとは.....。

それから、小一時間たっても、ナナフシは払い落としたところにいます。
見かねた夫が、叢に返してやって、やっとナナフシ騒動は終わりました。

ナナフシに好かれる匂いでもついていたのでしょうか?
脚にも、背中にも気配を感じなかったのに、いきなり頭の上に現れるとはどういうことだったのか、なんとも合点がいきません。








2017年7月19日水曜日

とりあえず、芽を出してみよう!

木の下には、その木の種が芽吹きますが、ほかの木も芽生えます。
鳥が、ついばんだ実を運んできて、葉陰で安心して食べて、種を落とすようです。


コブシの木の足元には、抜いても抜いても、ミツバアケビが生えてきます。


せっかくだから、一本ぐらい大きくなってもいいか。やっぱり抜いてしまおうか。という気持ちが行き来します。


ミツバアケビの種をくわえたら、コブシの木まで飛んで来るというのが、コースになっているのかもしれません。


もちろん、ミツバアケビだけでなく、ヤマブドウ、センダン、コナラなどほかの木も芽を出します。








2017年7月18日火曜日

涼しい顔


昨日は、草を刈ろうと刈り払い機を取り出しましたが、エンジンがかかりません。
なんだ、なんだ。
二つ持っているので、もう一つの刈り払い機に燃料を詰め替えて、エンジンをかけると、起動するのに刃が回りません。
いつも修理してもらっている工具やさん。刈り払い機って、こんなに一年に何回も壊れるものなのでしょうか?

昨年なんか、直してもらったばかりなのがかからなくなって、修理に持っていったら、燃料に異物が入っていたとか、取り出した変なものの破片を見せられました。
誰がそんなもの入れるか!
それに直したばかりだし、異物を混入できる可能性のある人物は彼しかいません。
 

もう、堪忍袋の緒が切れました。
今日は別のところに修理をお願いしに行きます。


今は、草の伸び盛りの季節です。一週間で草によっては30センチも伸びます。
毎日草を刈り、抜いているのに、どこを見ても草だらけ、刈り払い機なしではお手上げです。

昨日、ホームセンターの帰り、国道沿いの、ちょっと前までは自動車会社のお店だったところが、草に覆われているのを見ました。コンクリートの道もあったのに、クズが覆って、ただの荒れ地となっていました。
我が家も、ちょっと手を抜くと、篠竹やクズに覆われてしまいます。 覆われたら喜ぶ生物もいれば、きれいにした方が喜ぶ、いわゆる「里山」の生物もいます。
さあ、今日も頑張りましょう。
蝉はまだ暗いうちから大合唱しています。







2017年7月17日月曜日

木のたまごの日々


木のたまごの水遣りは、 ちゃんとしています。
水遣りのときだけ、鉢を取り出して、じゃあじゃあと掛けた水が切れるまで、外に置いておくのです。
ところが、伏兵がいました。
 

鉢を外に出したままで置くのは、たかだか30分から1時間ほどですが、オトシブミにやられました。
 

しかたない、葉をちぎりました。
 

コナラの葉に薄く筋がついているなと見ていたら、だんだん広がり、ある日一枚の葉が失われてしまいました。
あと二枚は、いつまで持つでしょうか?


こんなにきれいだったのに!


いったい、どうなっていくのでしょうね。
今日も外で水切りをしていますが。





2017年7月16日日曜日

虫な一日

孫のはなちゃんが来ていました。
「おばあちゃん、バッタがいるよ」
「持ってみたい?」
「みたい」
捕まえた小さなショウリョウバッタを掌に包んだはなちゃんは、鉄パイプを片づけてくれているお父さんに見せに行きます。
「危ないから、来るな!」
「だって、バッタだよ!」
イヤホーンをつけて音楽を聴きながら片づけていたお父さんが気づいて、見てくれて、バッタはやっと放免となりました。


「はなちゃん、カエルがいるよ。持ちたい?」
「.....」
カエルを捕まえて、芝生の上に置きます。
「わぁ、小さいんだ!大きくて、いぼいぼのかと思った」
そういえば、東京にはそんなカエルしか棲んでいません。
「これなら持ってみたい?」
「うん」
「掌を丸めて、ぽかってかぶせてごらん。捕まえられるから」
はなちゃんの手が小さいので、カエルがつぶされそうになったので、大きな手のおばあちゃんが捕まえて渡しました。

しばらくしたら、はなちゃんが駆けてきました。
「おばあちゃん、このくらいのバッタみたいなのががいる!」
「えぇぇ!」
はなちゃんの広げた手を見ると、20センチくらいあります。
私は雀くらいの頭のトノサマバッタを思い浮かべて、ぞっとしました。まさかね。
「バッタの形をした木の枝かなんかじゃないの?」
「動いているよ」
「.....」

見に行ったら、ナナフシでした。手足を伸ばすと、確かに20センチくらいになる、大きなナナフシでした。
「ナナフシはね。持ってみたいだろうけれど、こういうところにいたら、捕まえにくいのよ。やってみるからね」
捕まえようとすると、手足を離して、なりふり構わずどさっと落ちます。

「おばあちゃん、ナナフシが葉っぱ食べているよ」


みると、ナナフシがコナラの葉をせっせと食べていました。


はなちゃんが観察していたおかげで、ナナフシの食事風景を初めて見ることができました。
コナラの葉を食べるなら、この辺りはナナフシ天国なのが納得できます。食糧には困りません。

夜、食事の準備をしているはなちゃんのお母さんが、戸棚からコップを出そうとしていました。
「お母さん、ゴキブリがいます」
「どれどれ」
今叩かないと逃げてしまう。私は素手で叩きつぶしました。
「お母さん、すごい!」
そうそう、30年ほど前に、母から聞いた、
「叔母さん(母の叔母)はゴキブリを素手でつぶすのよ。逃がすより、あとで手を洗えばいいって」
という言葉が、今でも私の中で生きているのです。
もっとも、カマドウマは絶対に素手ではたたけませんが。