2018年4月20日金曜日

今年の藤棚


おおばぶどう園に行くことがありました。
フジの花は、咲き始めたでしょうか?


「ちょっとまだ、早すぎたかしら?」
手前の方には、花も葉も見えませんでしたが、


奥に行くにしたがって(幹から近い?)、咲き始めていました。
枝によってずいぶん違うものです。


このフジの木は、白い花の木に、ピンクの花の枝を接木したものだそうです


「あっ、実が残っている」


よく見ると、あちこちに種が落ちていて、何か所にも芽を出していました。
  

白い花ノ木にピンクの接ぎ木をした種から生えた木には、どんな色の花が咲くのでしょうか?
  

樹齢100年の木はまだまだ、元気です。


フジの種はただ平べったい種に見えますが、片方が膨らんでいて、片方がほぼ平らです。


つるつるの種と、しわの入った種があります。


それにしても、広いお家と敷地。ぶどう畑も含めると、5000坪(もっと?)くらいあるのでしょうか。
お二人だけで(植木屋さんは頼んでいるそうですが)、とってもきれいにしていらっしゃいます。






2018年4月19日木曜日

ツルボの鉢


去年、Mさんの鉢に移植してみたツルボ、最初の年はしょぼしょぼだけど、そのうちきっと豪華になるはずだと信じていました。


今年は、やっぱりこんなに見事になりました。


花だけでなく、葉が大いに楽しめます。


押すな押すなの大盛況になったらどうしよう?
そうなる前から心配しています。







2018年4月17日火曜日

信じられない

トチの木の下には、割るつもりで割れなかった薪が積み重ねてあります。
「もう、燃やそうよ」
「何言ってんだ。薪になるよ」
と言いながら、いったい何年経ったのでしょう。


そんな積み重ねた木には、サルノコシカケのようなものが生えるのは当たり前、よくあることです。


ところが、
「なにこれ?シイタケじゃないの!」


菌を植えつけたわけでもないのに、コナラの薪に勝手にシイタケが生えています。


でも、キノコを知らない浅はかさ、到底食べる気がしません。


シイタケだとは95%思いながら、あとの5%は疑っています。


「シイタケもどきじゃないかしら?」
シイタケは、生えては枯れて行っています。

追記:

karatさんに、「匂いは?」と訊かれて匂ってみたら、シイタケの匂いがしました。


写真は、収穫してきた3枚目のキノコの今朝の姿です。
でも、たぶん、食べないと思います。
いくじなし!




2018年4月15日日曜日

増えるつもりはございません

「あぁ、もう面倒だなぁ」
背の低いヒメイワダレソウの中には、盛大にほかの草が生え、草どもは抜いても抜いても、次から次へと生えてきます。



草むしりをしていると、いつものところにスミレが咲いていました。
アスファルトの切れ目のような、条件が悪いところを好むスミレ。スミレから見ればここは決して住みやすい場所ではないと思いますが、一応、礼儀正しく、毎年顔を出しています。
毎年、種もつけているのだから株が増えればいいものを、増えるのは、タネツケソウ、カタバミ、メキシコマンネンソウ、ドクダミなどなど、初夏ともなれば、メヒシバやチヂミザサがわっと出てきます。

スミレの後ろに見えるのは、シロヤマブキの苗です。


というのは、スミレの頭上にシロヤマブキの木があるから、これも、繁殖力旺盛な木です。





2018年4月14日土曜日

よく遊んだなぁ


散歩の帰り、二十三夜供養塔の前で一休み、ふと足元を見ると、子どものころ見た草が生えていました。
「これって、もしかしてハサミグサ?」 


ちぎってみたら、やっぱりハサミグサでした。


もう、ハサミグサで道草を食っている子どももいなければ、これが和ばさみとわかる子どもも少なくなっているのかもしれません。
別名ヤハズソウ(矢筈草、マメ科)、葉が矢羽に似ているからの名前です。





2018年4月13日金曜日

芽生え


今年はどんぐりが多かったので、早春の時点で予測していたとはいえ、我が家の周りは、コナラがいっせいに芽吹きすぎています。


坂道のグリーンベルトは、 日々車が通るので、高い木になれることは万が一つにもないのですが、ここだけでゆうに100本以上芽吹いています。
 

抜いてみると根の太いこと、これはちょっと曲がっていますが、条件が整えばまっすぐ下に入っていく直根です。
そして、どこでも発芽するのに、移植にはわりと弱いのです。
  

作業棟の屋外の屋根の下、雨が落ちるところには、最初は玉砂利を敷くつもりでした。
でも、おがくずでこんなに汚れるのだから、玉砂利は無理、雨の染み込みのことも考えて、砕石の上にレンガタイルを置こうかどうか、考えているところです。


そこにも、もちろんクヌギやコナラが芽吹いています。


クヌギを抜いてみると、


あらぁ、美しいこと!


左がコナラ、右がクヌギです。


ところで、ひろいちさんの家の土手には、


コナラの苗たちが、押すな、押すな。


道路上の吹き溜まりでも芽生えています。
そこでは、将来はないんですけれど.....。




2018年4月12日木曜日

青い花


植えてから15年にもなろうというローズマリーは、主幹が枯れたり、幹が倒れて寝たりで、あまり花も咲きません。
場所が適していないのだろうと思いながらも放っていますが、今年は何とか、花が咲いています。
 

この形、下が突き出した形の花はとても多いのですが、それはハナバチなど、特定の虫が花びらにとまって、そして蜜を吸うことができるようにとの、花の思いのようです。


また、特定の虫だけに来てもらって、蜜をタダで吸われるのではなく、花粉をつけて、確実に仲間の花に運ばれるような配慮も怠たらず、蜜を奥深くに隠しています。


カキドオシは、前は道端でももう少し山側にありましたが、杉の陰になってきたのでしょうか、ちょっと山を下って、陽当たりのいい場所に移動して咲いています。


遠目にはカキドオシも、ローズマリーも、ジュウニヒトエも、ホトケノザも似た花と思いますが、こうやって見ると、当たり前ですがずいぶん形が違います。


カキドオシは地下茎で増えますが、離れたところで繁茂しているというのは、虫に種を運ばせたのでしょうか?