2017年11月20日月曜日

散歩の副産物、ソムタム


まもるさんちのパパイア、いただいてきました。
「いっぱい持って行って。植えたんだけど、一年で枯れるんですってね。食べ方がわからないから、どうしようもないのよ」
「漬物にするらしいですよ。私はタイ料理をつくりますが」
と、ソムタムをつくりました。
昨年は、直売所で青いパパイアをたくさん売っていたけれど、高いので一度も買わなかったので、ソムタムをつくるのは、久しぶりでした。


パパイアは、皮をむいたら包丁を叩きつけて、細かく切れ目を入れます。


実がまだ小さいので、硬いだろうと、包丁で削らず、ピーラーで薄く削ります。
 

一巡したら、また叩いて切れ目を入れて削るのを繰り返しますが、中は空洞なので、形を壊してしまわないように手加減しながら叩きます。
空洞の中では、種が育ちますが、日本では冬が来てしまうので、種が大きくなるまえに、幹が枯れてしまいます。


あちこちに、穴が開いてきたらおしまいです。

さて、ソムタムをつくっている写真は、撮るのをすっかり忘れていました。
まず、クロックにニンニクと冷凍しておいた生の唐辛子、干しエビを入れて叩きます。ヤシ砂糖がないので、キビ砂糖を少し加え、レモン汁と皮付きの柚子をライムの代わりに入れ、パパイアの削ったのも入れてよく叩きます。ナンプラーも加えて匙でかき混ぜながら叩き、味をよくなじませます。
ミニトマトはなかったので、割愛しました。


パパイアがしなしなと柔らかくなって味が染みたら、生ピーナツを炒ったものを加えて混ぜます。いつも、ピーナツは荒くつぶして入れていましたが、丸のまま入れてみました。ピーナツをより感じられて美味しいような気がします。
唐辛子は、まもるさんちにもおすそ分けしたので、パパイア一つに三本しか入れませんでしたが、蒸したもち米と一緒に食べないで、ソムタムだけで食べたので、ちょうどいい辛さでした。

もう一つのパパイアでは、インドシナ風サンドイッチをつくりたいのですが、ちょっとハードルが高いものです。
というのは、インドシナ風サンドイッチは、20センチほどの長さに切ったフランスパンに、千切りパパイアをレモン汁とナンプラーで和えたものやレタスだけでなく、パテをはさむという、フランスの植民地だった土地ならではの味なのです。
「パテはつくったことがないしなぁ」
と言いながら、ネットでレシピを探して、冷凍庫を調べたら、おお奇跡、鶏レバー、豚バラ肉、豚ひき肉、ベーコンのほか、必要なスパイスの、ナツメグ、シナモン、丁子などもそろっていました。
ないのはブランデーだけ、それはラム酒で代用するとして、あとはいつつくるかです。







2017年11月19日日曜日

飛ぶ馬


昨朝、起きてカーテンを開けて外を見たら、おや、馬が一匹いました。


でも、遠目に見た方がよかった、拡大してみたら、あまり馬に見えませんでした。
そして今朝、馬は旅だったのか、跡形もなく消えていました。





2017年11月18日土曜日

一瞬、輝いて


いつもは、景色の中に埋もれている、集落の集会所のイチョウが、この時期だけ、松明を灯したように輝きます。


買物の帰りに集会所に寄ってみると、もう散り始めていました。


銀杏は、小粒だからと誰も拾いません。
確か、選挙の投票のころが銀杏の最盛期でした。もう車につぶされたり、雨で腐ったり、ほとんど、目立ちません。


少しだけ拾ってきました。
水に入れておいて、踏んでつぶして、洗えば出来上がりですが、拾うのが遅すぎたので、食べられないかもしれません。
もう、銀杏特有の匂いも、あまりしていません。





2017年11月17日金曜日


 今年のマユミは、今までで一番豪華です。


切っても切っても這い登ろうとするクズをマメに切ってやった甲斐があったのか、たくさんの実をつけています。


と、ご満悦でしたが、散歩道のマユミを見てびっくりしました。


誰も構っていない、道の分かれ目の邪魔なところに生えているマユミ、超健康です。


うちのとは葉が違うけれど、実も違う!
マユミの実はかくあるべしというような実をつけていました。





2017年11月16日木曜日

そんなに見ないで!


今日の作業の中で、出逢ってしまいました。
それなのに、欲しい大きさに切ったら、ちょうど真っ二つに切られて、力を失っていました。
合掌。




2017年11月15日水曜日

天敵の秋


散歩していて目に入るのは、いち早く、美しく色づいているヤマウルシの木です。
漆にかぶれる私にとっては、脅威以外の何ものでもないのですが、それでも紅葉が美しいと思います。


そして、この実。また、新しく芽吹いて、勢力範囲を広げようとしています。

E.S.モースが見た漆の蝋絞りの絵、『日本その日その日』(平凡社、東洋文庫)より
 
漆の実は、油を搾ってろうそくにしました。また、鬢付け油にもしました。
日本人と漆は、切っても切れない関係にあったのです。

母の父、 つまり私の祖父はかぶれませんでしたが、母も私もかぶれます。
今年も春先に、草刈りをしていて樹液が跳ねたのか、知らない間にかぶれていて、ひと月ほど嫌な思いをしました。かぶれたところが熱を持つのです。

岐阜で漆教室を開いているMさんによれば、最初はかぶれても、慣れるものだそうです。でも、程度があるのではないかしら?
ウルシ科のマンゴーを食べ過ぎてもかぶれる私、これまでの人生で、かぶれたことは、たぶん30回を下らないと思います。
やっぱり、芽吹いているのを見つけたら、刈り取る以外ありません。






2017年11月14日火曜日

豊作です


乾かしたうずら豆、少しずつ殻をむいています。
ほとんど虫にもやられてないし、今年はやっぱり豊作でした。
いつもは、莢をすべて取ってから、来年の種にする、丸々と太った種を選び出しますが、今年は莢のしっかりしたものの中から選ぼうと、種入れの缶を開けてびっくりしました。


少しだけ残っていた去年のうずら豆は、一回り小さく、色も濃いのです。


しっかり乾かしたつもりでも、新しい豆はこんなに水分を含んでいるんだ!
びっくりしました。

『ゲド戦記』を読むと、ゴントに落ち着いたゲドとテナーは、豆とキャベツをつくり、だいたいパンと豆を食べて暮らしています。キャベツはまっすぐ伸びて、下から葉をかいていく種類のキャベツと思われます。
来年はもっとたくさん、うずら豆を植えてみようかなぁ。みりんとしょうゆを入れて煮るだけでなく、塩とオイルで煮るとか、毎日でも食べられそうです。
でも、たくさん植えるとなると、その前にもっと畑を開拓しなくてはなりません。