2017年3月26日日曜日

チューリップ


近くのご住職夫妻に、
「近所に栽培農家があるので切ってもらった」
と、チューリップをいただきました。


わぁ、部屋の中に春が広がりました。

学生時代に、とてもそうは見えないのにチューリップの大好きな同級生がいました。春になるとチューリップの話をしているし、結婚して家を建てたら(彼も自分で建てた)、庭にチューリップを植えていました。


「ふ~ん」
と聞きながらも、ミスマッチ感をぬぐえませんでしたが、どうも小さい頃に、毎年チューリップを育てていたらしいのです。
その彼とは、今でも朴訥さを残している川崎毅さんです。

チューリップと言えば、彼と、岡林信康の「チューリップのアップリケ」を思い出してしまう私、チューリップをこんなにたくさんいただいたのは、長い人生で初めてのことです。
 

少し開きはじめています。






2017年3月25日土曜日

ユリかと思っちゃった


山掃除をしていたら、実を見つけました。


丈は低くて、地表から25センチほどしかありません。
一瞬、ウバユリかと思いました。というのも、もう七年も前に、ウバユリの実を森で見つけて来たとき、そのあたりに種をまいたことがあったからです。でも、ウバユリの実ではありません。


もう一か所、別な場所にも見つけました。
どちらも、春蘭の根元から茎をのばしています。


実には、切れ込みがあります。


上から見たところ。


摘んできて、写真を撮って片づけようとしたら、細かい、長さが1ミリほどの白いものが、隙間からこぼれ落ちていました。
種でしょうか?


春蘭の寄生植物なんて、聞いたことがありません。
今年は、花が見られるでしょうか?










2017年3月24日金曜日

ナズナ


春が来たというのに、小さいナズナはまだ地面にべったりと貼りついています。

その昔、韓国の農家に泊めてもらったとき、ナズナのキムチが出されて、野生のゴボウかと思ったことを思い出します。
連れて行ってくださった趙さんにたずねると、
「ああ、日本にも田んぼとかに生えているでしょう。名前は何と言ったかなぁ」
と言われ、日本に野生のゴボウなんか生えているものかと思ったことでした。

それから、何年も経ってから、草むしりをしていてナズナの根の匂いを嗅いだ時、やっとあのとき野生のゴボウと思ったものは、ナズナだったと気づきました。
 

毎年、漬けてみようと思いながら、育ちすぎたり、数が足りなかったりして、漬けたことがありませんでしたが、今年こそと漬けてみました。


泥を落として、枯れた葉を取り除いて、洗っているとあら不思議、平らになっていた葉は、くるくると外側に巻いてしまいました。


塩をして、ジップロックに入れて空気を抜き、一晩重石をしました。


そして、塩抜きをして食べてみました。
キムチの方がもっとおいしいと思いますが、なかなか美味でした。





2017年3月23日木曜日

開花

先日、ひろちゃんを石岡駅まで送っていく途中、工業団地に植栽されたコブシの木はどれも、たくさんの花を開いていました。満開といってもいいくらいの木もありました。
開花時期は、気温だけではなく個体差もあるのでしょう。我が家のコブシは、ちょっと白く見えはじめたくらい、まだ蕾でした。


それが、昨日見あげると咲きはじめています。
 

「春が来た!」


秋から冬の間中、花びらを寒さから守った毛皮のコートは、あちこちに脱ぎ捨てられていました。


これから、八郷の一番美しい季節がはじまります。





2017年3月22日水曜日


冬枯れのヒメイワダレソウの一角、いち早く緑になっているこの叢は何だか、まったく覚えていません。


その中で、一本だけ茎をのばして、蕾をつけていますが、目を凝らしてみても、葉は似ているけれど、叢とこの茎をのばしたものが同じものかどうかも、よくわかりません。


花が咲いてくれれば何かわかりそうですが、かなり前から蕾のまま、咲こうとはしていません。





2017年3月21日火曜日

ようこそ!紫金草

いつも、外を見ながらゆっくり食事したりしないのですが、ひろちゃんが遊びに来ていて、のんびりと遅い朝食をとっていた時のことです。
庭の一角に青い色が見えました。
なんだろうと目を凝らすと、紫金草(むらさき花だいこんに見えます。植えた覚えはありません。


近づいてみたら、やっぱり紫金草でした。
どこからやって来たんだろう?


お天気が良すぎて、カメラをのぞいても何も見えないほど、やみくもに写したら、密蜂がぶんぶん飛んでいたのに、一匹も写っていません。
 

今朝は小雨、撮りなおしました。
以前、ご近所で見かけた紫金草とは、花びらの感じが違います。


雨ですから、もちろん蜂は一匹も見かけませんでした。
ようこそ我が家へ、紫金草!





2017年3月20日月曜日

トサミズキ


昨年はどうしたわけか、たった四輪しか咲かなかったトサミズキが、今年はたくさんの蕾をつけました。
といっても、これがあるべき姿ですが。


そして、咲き始めました。
 

昨年はどうして咲かなかったのか、花にもいろいろ事情があったのでしょう。
そういえば、トチノキは大きく育ったのにまだ一度も花を咲かせてないし、サンシュユは夫が昨年切り込みすぎて、今年は一輪も花を咲かせませんでした。


トサミズキを見ていると、サンシュユも来年は花を咲かせるだろうと思います。
でも、トチノキはどうでしょう?
伐り時かもしれません。